タオヒーリング

TAO(タオ)について

※画像はイメージです。実際の施術とは異なります

タオとは、中国の道教(どうきょう)の思想で中庸(ちゅうよう)という意味です。

中庸(ちゅうよう)の道というのは、「ちょうど良い加減」「バランスされている」状態で生きる知恵なのです。

TAOストーンセラピーは、バランスを取り、良い加減で生きる力を再生するキッカケづくりとなることでしょう。

TAO(タオ)ストーンセラピーを受けるメリット

TAO(タオ)ストーンセラピーは、温かい石→常温の石をセラピストの直感で、タオルの上からお体に置いていくシンプルな方法です。

着衣のままで受けられ、初めて受けるストーンセラピーとしては、おススメです。

冷えを感じる女性には、温かい石の遠赤外線効果で芯まで届くとされている温熱が味わえます。

温冷を的確なタイミングと、直感で代わる代わる置くことで、温かい石だけでは得られない深いリラックスした状態になります。

リラックスがもたらすメリットは計り知れません。

TAOストーンセラピーをおススメする理由

着衣のままで行えること。

石の遠赤外線効果で心が落ち着く。

終了後にご自分でストーン曼荼羅をしていただいているプロセスが、癒しになる

カラダが温まる。心がほぐれる。表情がるくなる。そして運気が上がる。

短い時間での施術が可能。

寝たままの癒やし。とっても気持ちいい。

TAOストーンセラピーのデメリット

対面のみのセッションのため、オンラインが不可。

アロマオイルでの施術ではない(部屋はアロマを燻らせています)

施術の後は気だるさ、エネルギーシフトによる気分の高揚、感情の浮き沈むなどの変化があることも。

※変化は個人差があります。

ストーンマンダラとは?

ストーンマンダラは、施術で使った石を並べる時に、描かれる直感的な図形や、シンボル。

置かれた形、配置からリーディングをしたり、特別な意味づけはこれまで積極的に行ってはいませんでした。

しかし、聞きたいというお声が多いので、カラーセラピーの一環としてご提供しています。

クライアントさんが図形や色から感じる事をお話しいただいて、私の感じたことをフィードバックするというスタイルにしています。

ところで、「曼荼羅」というと、

曼荼羅

↑こんな感じの丸くて規則的な模様を思い浮かべる方も多いと思います。

ストーン曼荼羅は、こんな感じ↓です。

ストーン曼荼羅

これは、メディスンウーマンの講師の女性が描いた(並べた)ストーンマンダラの一例です。

こんな感じ↓にただただ同じ石を並べていくのも◎

ストーンマンダラという決まったやり方があるわけではありません。

しかし、施術で使った石に敬意をこめて大切に石に感謝を、という気持ちで並べていると、不思議と「ゾーンに入る」経験をしました。

石を自由に並べたり、積むだけでも癒しが起こる、と気づいた瞬間です。

ストーンマンダラは、レッスン&ワークショップとしても開催しています。

インスタグラムにも、ストーンマンダラをアップしていきます。

良かったらフォローしてくださいね。

 

TAO(タオ)ストーンセラピー料金

40~60分 4000円

温、冷石の施術30分程度、ストーンマンダラ10~15分

※ストーンマンダラのリーディングは、ご希望に応じて。